認知症の人と巧妙にコミュニケーションをとる技術とは

いつものコミュニケーションであれば、間違った事を言ってたとすればそれを是正する、否定するといった事をして間違いである事を伝える事ができます。

大事な事として、どのような言語があったとしても初めにそれを受け入れるという事です。

粗相をしてしまう認知症の人は多く、その場合に心もとないに駆られる人がそんなにです。

けれども、認知症の人はもうに忘れてしまうため、なぜそれをしなければいけないのかを解釈できず、その事で怒ってしまいます。

可能な限り、目の前で優しく、言い回しものんびり話すという癖をつけていく事が大事です。

認知症の人とコミュニケーションをとる事例、こちら側の話し方1つで相手の機嫌がかなり変化し、穏やかになる事もあれば、反対に怒ってばかりになる事もあります。

そのような時に何をしているのかと叱りつけたところでパニックになります。

認知症の人は自らの想いをうまく表現する事ができません。

常識的は、こういった事になっているからこれをしてと、このような状況だからこうしてくれという事を伝えます。

認知症の人とうまくコミュニケーションをとっていく技術として、認知症の人と近くでお話をする事を心がけるというものがあります。

それにより、明らかに間違っていたとしても、最初にそれを受け入れるという事が大事になります。

なお、相手の考えを否定し、自らの話を述べても同じくの事が起こるため、普通には肯定してあげるという心情が不可欠です。

他にも、話す中身に関しても短めにしていく事がイチ押しです。

ただし、認知症の人の事例はこうした是正や否定をはじめにしてしまうと、ないがしろにされたという心情が先に出てしまい、結果として取り乱す人が出てくる事になります。

このため、認知症のトレードマークを一番目に掴む事が大事になります。

本人の心境を最初に受け止めてあげる事、つらい心境になっている事を感じ、その心情を肯定してあげる事が大事です。

息子と接するような感覚でコミュニケーションをとるくらいの心情が求められます。

やってくれ事を短い言い回しで伝えるという事が求められ、とにもかくにも簡潔に話す事が必須です。

遠くからではそうはなりません。

認知症の人はいつも心配無用を求めています。

近くで話す事により、きちんと取り扱ってくれているというのも相手に伝わります。

粗相をしたという事実をすでに忘れており、叱られた事だけがフィーリングに残り、傷つきます。さらに詳しくはこちら(http://www.オメガ3サプリ効果.jp/)をご覧ください。